ドッグフード、ペットフード、は安心安全な国産無添加、
銀座ダックスダックスのオリジナルドッグフード

銀座ダックスダックス 話題のブログはこちら
トップページ 看板犬 パピー情報 アクセス オンラインショップ
D☆Dクラブ
DDポイントカード
サイズ表

CONTENTS
■ホームメイドドッグフード

オリジナルドッグフード

ドッグフードの種類

ドッグフードの与え方

こだわりのドッグフードと製造工程

ワンちゃんの体重管理について

ドッグフードQ&A

DDオリジナル サプリメント
■オトクな定期便

・定期便

・定期便詳細
■フードの切替について

・切替えの際のお願い


・会社概要

・グループ企業

・DAXDACHS沿革

・プライバシーポリシー


ミニチュアダックスフントだけではなく、チワワチャン、トイプードルちゃん、のような小型犬から柴犬ちゃんのような中型犬まで銀座ダックスダックスのドッグフードは喜ばれています。

ドッグフード、ペットフードは犬にとって生命を
左右するたいせつなものです。
特にミニチュアダックスフント等の小型犬にはドッグフード、ペットフードの選び方が大切です。

ドッグフ−ドはあなたの愛犬の健康状態を最適な状態に保つか否かを決定します。
しかし、ドッグフード、ペットフードはついつい安いものに
眼が行ってしまう事も事実です。
ドッグフードは安心の銀座DAXDACHSホームメイド ドッグフードを是非お試しください
ワンちゃんの体重管理について ミニチュアダックス 専門店 銀座 ダックス ダックス ドッグフード


ベスト体重を保つことは、末永い健康維持の第一歩と考えています。

特に体重管理については、同じ量を食べても太る人、太りにくい人がいます。
要は体質によって個人差があるということです。



「うちの子、そんなに食べていないのに太るのよ」
「量を増やしてもウンチの量ばかり多くなって太らないのよ」

看板犬たちの中でも太りやすい子、太りにくい子、確かにいます。

人間と違い、ワンちゃんの体重管理は
飼い主様が正しい認識を持っていれば
、体重管理はし易いという事。
なぜなら、人間のように食べたい時に食べることが出来ないからです。

逆に気を付けなければならないのは、
健康を害するような間違った体重管理をしないことです。
「健康で長生きして欲しい」という気持ちはどの飼い主様も同じです。

その為にも飼い主様が正しい知識を持って
自分の子に合った体重コントロールをしてあげることが大切です。







筋肉や骨の重さでベスト体重は変わります。

人間と同じく、同じ犬種でも筋肉質のガッチリ体系の子もいれば、骨が細い華奢な子もいます。また、背の高さにより体重が変わるように、ワンちゃんも胴が長め、短めによってベスト体重が変わってきます。

ワンちゃんの場合、
一番の目安は上や横から見た体系


下記を参考に愛犬の状態をまず、把握しましょう!

犬のボディコンディションスコア(BCS)と体型
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肋骨、腰椎、骨盤が外から容易に見える触っても脂肪が分からない。腰のくびれと腹部の吊り上がりが顕奢。 肋骨が容易に触る上から見て腰のくびれは顕奢で、腹部の吊り上がりも明瞭。 過剰な脂肪の沈着なしに、肋骨が触れる。上から見て肋骨の後ろに腰のくびれが見られる。横から見て腹部の吊り上がりが見られる。 脂肪の沈着はやや多いが、肋骨は触れる。上から見て腰のくびれは見られるが、顕奢ではない。腹部の吊り上がりはやや見られる。 厚い脂肪におおわれて肋骨が容易に触れない。腰椎や尾根部にも脂肪が沈着。腰のくびれはないか、ほとんど見られない。腹部の吊り上がりは見られないか、むしろ垂れ下がっている。

いかがでしょうか?
今の愛犬がどれに当てはまるかはおわかりになりましたか?


すでにベストな体系であれば、現時点では今の食事量や運動量で問題がないということです。

 

このタイプに当てはまるワンちゃんがDDフードに切り替える場合 
→ 
1週間から10日くらいかけて便の状態を見ながら徐々にDDフードの分量を増やしていきます。


最終的にすべてDDフードに切り替わった時は今までのフードと同量か10%程度少ない量で与え、2週間後の体重を見てください。体重の増減により、量も増減していきます。


では
太りすぎ、痩せすぎのワンちゃんはどのように管理をしていけばよいのでしょうか?





@     食事量や運動量での調整

一番最初に見直すべきところですが、運動量より食べる量が多ければ太るし、逆だと痩せるのは当たり前。

基本的には、ダイエットしたいワンちゃんは今の食事量の20%を減らし
太らせたいワンちゃんは今の食事量の10%を増やします。

2週間後の体重の変化を見ます。

ワンちゃんの体重1〜3%位の変化が1つの目安です。
たとえば、5kgのワンちゃんなら、50〜150gとなります。

気長に無理なく行っていくことが大切です。
まったく変化がない場合、上記と同じことをさらに行います。


 

おやつが多いワンちゃんはフードよりおやつを減らすことから始めましょう。

「量が少ないのでかわいそう」とお野菜などでカサを増やす飼い主様もいらっしゃいますが、あまりおすすめは出来ません。
もし入れるとしても少量にしましょう。
多く与えてしまうと胃が大きいままになり、量を食べないと満足できず、かえってワンちゃんにかわいそうな思いをさせることになりかねません。

食事のバランスは良いでしょうか?
ワンちゃんは人間と同じ雑食のため、3大栄養素(脂肪・たんぱく質・炭水化物)の割合は似ていますが、必要な栄養素の割合は大きく違います。
特に手作り食を与える場合、ペット栄養学の正しい知識がない限り、ドッグフードと混ぜて与えることをおすすめします。

食事の増減にも限度があります。
減らしすぎても食事の中で十分な栄養がとれず健康にもよくありません。
また、体重が増えないワンちゃんの場合、量を増やした分、ウンチの量ばかり増えたり、増やしすぎると下痢を起こす可能性も考えられます。

痩せたいワンちゃんの場合は運動量を増やすことも考えられますが、太ったワンちゃんにとって長時間の運動は足腰に負担がかかりますので、様子を見ながら徐々に運動量を増やす様にしましょう。
体が軽くなってくれば動きも自然と変わってきますので、食事と同様、焦らず徐々に行うことがポイントです。

以上のことを行なってベストな体重になったらその状態を維持するようにしましょう。
しかし、ここまでのことをやってみても結果が見えない場合が問題です。



@      去勢・避妊をしている場合。

去勢または避妊をしてから太ったという話をよく聞きます。
これは
ホルモンバランスの崩れが大きな原因です。
しかし、みんな太るわけではありません。

これから去勢や避妊を考えているワンちゃんは
術後の体重を2週間ごとに測り、
食事量を調整していくよう
にしましょう。

そうは言っても、もうすでに太っていて食事や運動では限界があるというワンちゃんには
ホルモンバランスを整えてベスト体重を維持しやすくしてくれる
DDサプリ「ヘルシーキープ」がおすすめです。
皮膚にも良いのでフケが出やすい子にも良いんですよ☆

A