本文へスキップ
〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-12 JMSビル1F
TEL 03-3535-4772
FAX 03-3535-4773
MAIL staff@dachs.jp
営業時間 11:00~19:00
(祝日を除く火曜定休)

ミニチュアダックスを飼う自分自身が経験したり感じた事から、納得のできるものを作っていき、同じ思いを持っている
ダックスフンドのオーナー様やそのワンちゃんに喜んでいただけたら…という思いが銀座ダックスダックスの始まりでした。
ダックス専門店のDDドッグフードやサプリメントはロング、ワイヤー、スムース、
そして、小型犬~大型犬まで沢山のワンちゃんに愛用いただいております。
ミニチュアダックスの洋服やミニチュアダックスフンドのしつけや飼い方、
ヘルニアやアレルギー等の健康のお悩みやご相談も銀座ダックスダックスへ。
トリミングやビューティーケア、一時お預かりも行っております☆
ドッグフードサンプルもございますのでお気軽にお問合わせ下さい。

私の思い・・・byみさくomoi

私の大切な子供たちのために…
この子達を見ていて経験したこと、感じたこと、やってあげたいと思ったこと…
自分自身が後悔することなく納得できるものを作っていき、
同じ思いを持っている方々やワンちゃんに喜んでいただけたら…

そんな思いが「銀座DAX DACHS(ダックス ダックス)」の始まりでした。


子供たちを思う1人のダックスの飼い主としての私のこだわり…

健康について

DDの母体は健康食品の会社。ビルの2・3階は内科・アレルギー科の病院を併設しており
健康に関しては約25年以上携わっております。
人間もわんちゃんも、毎日の食事でどんなものを摂取するか・・・
健康を維持するために日頃の食生活が最も重要な事だと日々痛感しています。

・サプリメントのはじまり

ララ・ルル・スカイ・ミラ・チャチャ・・・とファミリーがだんだん増えてきた中、みんな健康に育ってくれました。
しかし、あることをきっかけにサプリメントを販売することに決心しました。

それは2003年4月チャチャ初出産での出来事。
4月14日に産まれ、はじめの2週間は順調に育っていました。
途中までは兄弟の中でも一番大きかった男の子だったのに5月3日朝測った630gの体重が
夕方600gになっていました。30gも減るなんて私たちにとっては一大事です。

(DDでは毎日朝晩体重を測るのですがこの時期は毎日体重が増えます。
減るということだけでも私たちにとっては大変な事です。)
ただ、翌日から離乳食が始まるので様子を見ることにしました。

次の日離乳食を始めたのですが食欲がない様で、あまり食べません。
ミルクを3時間おきに与え、610gになったかと思ったら、翌日また体重が落ちて560gに減ったのです。

すぐ病院に連れて行き、特別な血液検査をすると共にお薬を処方していただきました。
このとき便の状態は全く形のないピーピーの便でした。
ミルクを飲んでも吸収されずでてしまうので体重が増えるわけがありません。
薬を飲ませても良くならないのです。


「このままじゃ死んじゃう・・」と必死にミルクを飲ませました。
私たちがあきらめてしまったら、この子は死んでしまうのです。
とにかく後悔のない様に出来る限りのことをしてあげたい・・・
でも悲しいことに
飲ませたミルクはピーピー便ですぐに出てしまうのです。
当然、増えたと思った体重はすぐ減ってしまいます。


血液検査の結果でわかったことは
免疫が低いということ。
兄弟が多いため、たくさん飲める子と飲めない子の差が出て免疫力の高い子と低い子の差が出てくるのです。
動物の本能としても強い子が生き残ることになっているのです。
「人間」と「動物」の差をこのときはじめて実感させられました。

人間が助けてあげないと間違いなく死んでしまうのです。

三箇先生に相談をし、薬でダメなら人間の免疫改善と抗癌用に特別精製された
「メカブフコイダン」を与える事にしました。
他の「フコイダン」製品と異なり、酵素抽出され、非常に高価なのですが
人間用として非常に良い成績を出していたからです。

もちろん、健康食品は薬のように治すものではないことは十分承知しています。
でも試す価値はあると思い、耳掻き1杯くらいのフコイダンをミルクに混ぜて与えました。


驚いたことに次の日、ピーピーだった便が形になってきました。
与え始めてから3日目、ようやく普通の便になりました。
減り続けていた体重が止まり、だんだん増えるようになってきたのです。

この子はフコイダンで命を救われたのです。これが今のライフガードです。
ちなみにこの時の仔犬ちゃんがチョコタンパイボールドの今井つばさ君です。
今も免疫力を高めるためにライフガードを毎日摂っています。
この事情をすべてお話した上で快く里親になっていただき、
たくさんの愛情を持って育てて下さっている今井様に感謝の気持ちでいっぱいです。
あの頃がウソのように今では元気いっぱい幸せな日々を過ごしています。
DDに来ると「ニッ」と歯を出して笑って歓迎してくれるんですよ♪
(ウソじゃなく歯茎もむき出して本当に笑うんです。)

これまで人間のサプリメントとわんちゃんとは切り離して考えていました。
母体で扱っている人間用のサプリメントはすべて三箇先生が開発されていらっしゃるのですが、
人間より体が小さいせいもあり、サプリメントによる回復の早さと効果に私自身、
そして、三箇先生も本当に驚き、感激してしまいました。

サプリメントはもちろん薬ではありません。
しかし、現に私の目の前で1つの命が救われたのをみて、
三箇先生と他のサプリメントに関しても販売について真剣に考え始めました。


先ず、自分の子に摂らせると考えたとき、最高のものを与えたいというのが親心です。

開発後、実際、子供たちに摂らせて2週間ほどで毛艶、フケ、毛ぶきの違い等、を感じることが出来ました。
今までのノウハウを活かし、自信を持ってお勧めできるサプリメントが完成しました。
それが今のDDオリジナルサプリメントです。
嬉しいことにたくさんのワンちゃんの悩みを解消し続けています。

人間もそうなのですが、サプリメントを摂取するのに抵抗がある方もいらっしゃいます。

私は自分自身の経験上、現代の食生活や生活環境の中でサプリメントは不可欠と感じています。
確かにサプリメントなんて摂らなくたって健康な人やワンちゃんはたくさんいます。
でも、ワンちゃんは「痛い」とか「だるい」とか言えないのです。
しゃべれない分、人間以上にケアをしてあげる必要があると思います。


私の子供たちに少しでも健康に長生きをしてもらいたいと願う中、安心して与えられ、
効果的なサプリメントを開発していただいた三箇先生に本当に感謝しています。
もちろん、子供たちには毎日全種類のサプリメントを摂らせています。

もし、何かが起こったとき、「こうしてあげてればよかったのに・・・」
という後悔は絶対にしたくないからです。


飼い主さんにとって何よりも嬉しいことはワンちゃんが元気であることだと思います。
1匹でも多くの元気に長生きするワンちゃんが増えますようにという願いと
愛情の詰まったサプリメントをたくさんの方にご愛用いただけたら幸いです。


・フードのはじまり
DDを始めてからもっとも多いのがフードについてのご相談でした。

色々な会社でこだわりのフードを開発しているのでどこのものがお勧めか…と聞かれても
一長一短、「ここのフードがよい」ということはなかなか言えませんでした。

看板犬に安心して与えられる、DDオリジナルのフードを出したい…三箇先生と考えていました。

毎日食べるものが健康に大きく影響する事は人間の方で常に感じていますが、
もっと身体が小さいワンちゃんならなおさらです。看板犬達の健康長寿のためにも
サプリメント同様、出すからには自信を持ってお勧めできる最高のものを…
正直、サプリメントより多くの時間がかかりました。
13匹もいるとそれぞれの性格や体質により違います。

たとえば、
ララは贅沢でおいしいものしか食べません。すぐ飽きたりもするグルメちゃんです。
ララが喜んで食べるものでなければいけません。

ブラッキーとジャズはお腹がゆるくなりやすい子です。
季節の変わり目などはお腹をこわしやすい傾向があります。
この子達の便が今まで以上に健康な状態でなければいけません。


とにかく今まで以上に良いと感じられなければ意味が無いのです。


数ヶ月の間でまずは違いを見るためにこれまで与えていたフードを与えるグループと、
オリジナルフードを与えるグループ、2つのグループに分けて子供たちに与えました。

オリジナルフードをララは残さず喜んで食べます。
ブラッキーとジャズの便は今まで以上に良い便になりました。
寒い冬でもお腹を壊すことなく過ごせました。
これなら大丈夫…全員のフードを切り替えてさらに様子を見て発売に至りました。

ただし、色々な体質のワンちゃんがいるので何かしらの問題が起こることも覚悟していました。
びっくりしているのは問題が1つもないどころか、喜びの声ばかりで
中には看板犬以上に良い状態を実感できているワンちゃんたちまで…
発売して本当に良かったと思っています。


このフードにはワンちゃんに最低限必要な栄養素が含まれていますが、
ワンちゃんの末永い健康のためにも、特に老犬といわれる年になっているワンちゃんには
サプリメントを併用されることをお勧めします。

「フードは毎日必要なものなので切らさないよう、定期的に届けてもらえば便利だわ…」という
お客様のお声を生かし、便利にお得に購入していただけるよう、
定期便もご用意させていただきましたのでぜひご利用ください。



2018.11.30追記

ララをはじめ、当時13匹の看板犬達のために開発したDDフードは、歴代の看板犬達、
2018年11月の今現在、ダックスとトイプードルの看板犬達19匹も愛用しています。
どの飼い主さんも愛犬の健康長寿を目指し、少しでも長く一緒に過ごしたいと願っていると思います。
私もその1人です。


DDフードを開発した当時と比べて、世の中にはこだわりのドッグフードがたくさん出てきました。
ネットや広告を見るととても魅力的な文章のフードがたくさんあるので、
もしも、DDフードがなかったら、どのフードを看板犬達に与えるか、かなり迷っていたと思います。
最近では、グレインフリー、グルテンフリー、たんぱく質の多いフードなどが流行っているようですが、
流行に惑わされるのではなく、我が子にあったものを見つけることが必要だと思います。

DDフードの中にも、グレインフリー(馬肉・マッシュポテト)やグルテンフリー(ラムライス、馬肉・米のみ)のフードもあります。看板犬達の多くは、米や小麦も入っている、スーパーコンディションを食べていますのでご安心ください。

DDフードはバランスよく平均的に配合されており、偏りがない分、どんなワンちゃんにも食べてもらえます。
例えば、腎臓病の子は、たんぱく質が多いフードはNGですし、胆嚢やすい臓などの問題がある場合、脂質が多いフードはNGだったりしますが、どちらも過剰に入っていないため、与えることができます。
もちろん、健康な子が摂って不足することもありません。もし、食べられないワンちゃんがいるとしたら、アレルギー反応を起こしてしまう素材が、8種類のDDフードのどれにも入っていた場合のみでしかありません。

ワンちゃんは身体が小さい分、良いものも悪いものも反応が早いです。
ですから、開発当初から素材にもこだわっています。肉は、いわゆるヒューマングレード等ではなく、本当の人間用のお肉のみを使用しており、肉骨粉や○○ミールなども一切使用しておりません。また、新鮮さを保つために製造時に肉を挽いています。ですから人間が食べても美味しさを感じられ、臭みがありません。

色々なフードがある中、それぞれの会社がこだわりを持ってフードを作られていらっしゃるかと思いますが、
DDフードについて一番自信を持てるのは、長年食べている看板犬達が健康で長生きをしていることです。
お客様のワンちゃん達も小型犬の平均寿命である15歳を超えているワンちゃん達が多いです。


DDフードには、普通粒と小粒以外に粉フードがあります。今まで、生まれたての子犬ちゃんから18歳までの看板犬達と共に過ごしてきた経験から、粉フードは、離乳食から介護食まで利用できる便利な形状になっています。

フードだけでなく、サプリやお洋服も看板犬達と生活したり、お客様からのお悩みを伺っていく中で必要だったり、あればいいなぁ~と思うものが商品となっています。

フードは、毎日食べるものです。
愛犬の健康長寿を願う皆様の大切なワンちゃんにDDフードをお選びいただければ幸いです。

銀座ダックスダックス オーナー 巳作和恵


銀座ダックスダックス ご挨拶
DAXDACHS HISTORY
ワンちゃん編 看板犬たちとの出会い
お洋服について
健康について
育児日誌
私達に出来る事(パピー編)
交配犬ブレイブの長~いお話
オーナー様編 酵素について その1
酵素について その2
化粧品について
人間のダイエットと健康について

株式会社ジャパン・メディア・システムズ 銀座DAXDACHS事業部

〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-12
JMSビル1F
TEL 03-3535-4772
FAX 03-3535-4773
MAIL staff@dachs.jp