本文へスキップ
〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-12 JMSビル1F
TEL 03-3535-4772
FAX 03-3535-4773
MAIL staff@dachs.jp
営業時間 11:00~19:00
(祝日を除く火曜定休)

ミニチュアダックスを飼う自分自身が経験したり感じた事から、納得のできるものを作っていき、同じ思いを持っている
ダックスフンドのオーナー様やそのワンちゃんに喜んでいただけたら…という思いが銀座ダックスダックスの始まりでした。
ダックス専門店のDDドッグフードやサプリメントはロング、ワイヤー、スムース、
そして、小型犬~大型犬まで沢山のワンちゃんに愛用いただいております。
ミニチュアダックスの洋服やミニチュアダックスフンドのしつけや飼い方、
ヘルニアやアレルギー等の健康のお悩みやご相談も銀座ダックスダックスへ。
トリミングやビューティーケア、一時お預かりも行っております☆
ドッグフードサンプルもございますのでお気軽にお問合わせ下さい。

私の思い・・・byみさくomoi

私の大切な子供たちのために…
この子達を見ていて経験したこと、感じたこと、やってあげたいと思ったこと…
自分自身が後悔することなく納得できるものを作っていき、
同じ思いを持っている方々やワンちゃんに喜んでいただけたら…

そんな思いが「銀座DAX DACHS(ダックス ダックス)」の始まりでした。


子供たちを思う1人のダックスの飼い主としての私のこだわり…

私達に出来ること(パピー編)

私はララを見ていて、小さいときから親からも兄弟からも離され、
人間とだけ接していた期間が長かった子ではないか
と想像しています。
何故かというと、ララは子供からお年寄りまで人間にはいつも愛想よくご挨拶をするのに、
ワンちゃんに対しては目を合わせることもせず「フーン」って感じで全く興味がなさそうなのです。
ルルも同じショップだったのですが、選ぶ時そんなララが何故かルルにだけ興味を示したので
「この子にしよう」と決めたのです。
2人とも
トイレ訓練は全く出来ていませんでした。
(ショップでは小さく透明なゲージの中に床に細く切り刻まれた新聞紙が敷かれ、
寝るところもトイレも一緒の中で過ごしていました。)
でも、殆どのショップが同じなのでこれが普通なのだと思っていました。

スカイとミラは専門店で購入しました。広いスペースに寝るところとトイレが分けてあり、
常に清潔でスタッフの方が良く手入れをされていました。
そのような中で育った2人は自然にトイレ訓練はすでに済んでいました。
会ったことはないけれど、どの親から産まれたかも知っています。
ある日スカイを散歩していたとき、そこのスタッフの方に偶然出会いました。
その方が「スカイ~」と声をかけてくれた時スカイは嬉しそうにしっぽを振っていました。
それを見て
「生まれてからずっと愛情を持って育ててくれたんだなぁ」ということが伝わってきて
嬉しかったことを覚えています。

ミラを選んだときにはこんなことがありました。
シルバーダップルでお目目がパッチリしたとても可愛く元気なパピーがお店にいて、「この子が欲しい」といったら
「この子は活発で自己主張が強く、甘えん坊なので、4匹目に飼うにはふさわしくないですよ。」といわれ、
奥から他のシルバーダップルの子を連れていらっしゃいました。
そして「4匹目に飼うなら、あまり自己主張せず、おとなしくて手間のかからないこの子の方が
犬社会の順番を守ってくれるので先住犬のためにも良いですよ。」といわれました。
実はそれがミラなのです。言われた通り、ミラは本当におとなしくて手間がかからない子に育ちました。
WANちゃんの性格にまで考慮されるなど、さすがに専門店、一般のショップとの差は明らかでした。

このような経験から育児日誌だけでなく、育て方や多頭飼いをする方へのアドバイスなど、
ワンちゃんと飼い主さんのためにもこだわっていきたいと思いました。
パピー達はよちよち歩きを始める頃から性格が徐々にわかってきます。
兄弟姉妹達と遊ぶ時の状態、離乳食を食べる時の状況・・・本当にいろいろです。

ワンちゃん、そして人間にも慣れた子に育てるために、
30日はお母さんと一緒にいてたくさんの愛情をもらい、だんだんと親離れ、子離れをさせていき、
兄弟と過ごす時間でワンちゃんとしての社会性を身に付けながら、トイレの訓練もしていく・・・
毎日スタッフが体重を測るので
人間にも慣れた子に・・・
先住犬の性格をお聞きしてなるべく
その子にあった子をおすすめする・・・
兄弟といるので、いきなり1人ぼっちになるとお留守番の際に鳴くと思うので、
少しでも1人に慣れておけるように、必要であれば
「お留守番訓練」をしてお引渡しをする・・・

私たちが出来る限りのことをしてから新しいお家へいけるようにしています。
私にとってパピー達は「孫」です。
この子達に幸せになって欲しいと心から願っています。


可愛がれば可愛がるほど、引き渡しのとき寂しくなるのでは?・・・と聞かれることがあります。
確かにはじめの頃はお引渡しの時に何度も寂しくて泣いてしまいました。
でも、新しい飼い主さんのところで愛情たっぷり、大切に育てられ、幸せになって、
お店に里帰りしたときも覚えていてくれて「お化粧がはがれるぐらいにペロペロ舐められ」
「看板犬達とはしゃいで」嬉しそうにしている子達を見ていくうちに
「この子が幸せになるための旅立ちの日」として考えられるようになりました。
愛犬同士が兄弟姉妹のオーナーさまが偶然お店でお会いになられた時などは
会話が弾んで本当におばあちゃまになった気持ち・・・

そして、
いつの間にかブランドのように「銀座DAXDACHSのパピー」として
多くの方々から信頼され、お褒めいただけるようになりました。


私たちの子供たちは本当にみんな幸せになっていて、
オーナーの皆様と銀座DAXDACHSサポーターの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。


銀座ダックスダックス ご挨拶
DAXDACHS HISTORY
ワンちゃん編 看板犬たちとの出会い
お洋服について
健康について
育児日誌
私達に出来る事(パピー編)
交配犬ブレイブの長~いお話
オーナー様編 酵素について その1
酵素について その2
化粧品について
人間のダイエットと健康について

株式会社ジャパン・メディア・システムズ 銀座DAXDACHS事業部

〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-12
JMSビル1F
TEL 03-3535-4772
FAX 03-3535-4773
MAIL staff@dachs.jp